動物専門学校・基本情報

IMA20160725412814_TP_V
動物が好きならぜひ動物に関わる仕事を目指してみてはいかがでしょうか。
動物と一言で言っても「哺乳類」「爬虫類」「鳥類」など色々な種類がいますよね。
日常生活で触れ合うことの多い猫や犬。動物園で出会える大型のキリンやゾウ。
あなたはどんな動物が好きですか? 
もしも「動物が好き」だけど将来の目標は決まっていないのでしたら、まずは動物専門学校に通ってみることをおすすめします。
<どんな学部があるの?>
★ペット学部
ペット・ワールドでは犬や猫など一般家庭でペットとして飼われていることの多い動物について主に学びます。
ペットの美容に関してやペットたちが集うドッグカフェのオーナーになるための専攻・ペット医療に関する専攻まで様々です。
★動物園・野生動物学部
動物園や自然の中で生きている野生動物に関する知識と飼育方法を学ぶコースです。
大型動物や普段触れることのできない珍しい動物を主に扱います。実際に動物園に研修に行ったり、野生動物を直に見るカリキュラムがあったりと様々な環境に対応できるスタッフを育成します。
★海洋生物学部
水族館のスタッフの育成や海で生活している海洋生物について学びたい人が進むコースです。海洋生物を通して地球環境についても深く学びます。
イルカやクラゲなど水中生物に興味がある人におすすめです。
<動物専門学校で得られる資格は?>
動物専門学校では目指している職業に必要とされる資格取得にも力を入れています。
プロの現場で必要になる資格ばかりなので就職活動も有利になります。
・ドッグライフカウンセラー
・愛玩動物飼養管理士
・ECOグルーミング検定
・生物分類技能検定
・観賞魚・飼育管理士
・COMアニマルコーディネーター
・潜水士
・小型船舶操縦士
・スクーバダイビング
その他多数
<動物専門学校に在学する年数>
★2年~3年間
基本的に二年間としているところが多いようです。コースによっては三年間在籍して技術や知識を学ぶこともあるようです。
二年間のあいだに希望者は海外研修へ行ったり、動物園や水族館で研修を受けたりと濃い内容のカリキュラムをこなしていきます。
<動物専門学校の大体の学費は?>
動物専門学校ごとに異なりますが一般的な学費の金額です。また学ぶコースによっても変動します。
入学金:約10万円
授業料(一年間):約60~70万円
施設維持費(一年間):35~40万円
実習費用:約15万円
MIYA_DSC_4754_TP_V
<動物専門学校を比較してみよう>
★国際動物専門学校
「動物看護・理学療法学科」「動物看護・栄養学科」「美容・デザイン学科」「自然環境・動物飼育学科」「しつけ・トレーニング学科」の5つのコースがある動物専門学校です。
こちらは動物看護でも理学療法を主に学ぶ学科と、栄養について学ぶ学科とに分かれています。自分は主にどちらを学びたいかによって選択できるのが良いですね。
奨学金・特待生制度も充実している学校です。
★ヤマザキ動物専門学校
動物の看護と美容に特に力を入れている動物専門学校です。
学科は「動物看護学科」「動物美容学科」「動物看護・美容学科」の3つ。
授業時間の半分は実習に当てられます。
看護か美容のどちらか一方を集中的に学ぶこともでき、逆に両方に興味があるという人はどちらもしっかりと学べるカリキュラムが用意されています。
★東京コミュニケーションアート専門学校
学科の多さが特色の動物専門学校です。
一般家庭でペットとして飼われている猫や犬についての知識だけでなく、大型動物や海洋動物などの専門知識を学べます。
現場で体験するカリキュラムが多く、海外実学研修や課外授業などが行われます。幼稚園や福祉施設へ訪問して地域の人々に動物の魅力を伝える活動にも力を入れています。
地球環境と動物の関係性についても学びたいという人におすすめの学校です。
動物のことを学びたいのであれば、動物専門学校に通うことをおすすめします。
たくさんの動物専門学校をチェックして自分に合った学校を見つけてください。

動物専門学校を比較してみよう